ようこそ
ゲスト 様

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【創価学会仏壇】お手入れ用具の使い方

いよいよ、年末を迎え大掃除のシーズンとなりましたが、みなさまご準備はできていますでしょうか??

博文栄光堂では創価学会仏壇に使用できる、お手入れ用具も多数お取り扱いがあります。
しかし、いざ使ってみようと思ってもお仏壇を傷つけてしまわないか心配だったり、そもそもあまりよく使い方がわからなかったりしますよね??

ということで今回は、博文栄光堂ショールームの「ババちゃん」と一緒にお手入れ(お掃除)用具の使い方を紹介いたします!

1, 定番!毛拭きの効果的な使い方

多くのご家庭でも使用されているお仏壇用の”ハタキ”。
様々な種類がありますが、博文栄光堂の売れ筋はこちらの「仏壇用毛拭き」。

ナイロン製でありながら、他のものより毛が細く小さなホコリも逃さずキャッチしてくれます!

そんな「仏壇用毛拭き」ですが、ホコリを取る前にある一手間を加えるだけで、最高のパフォーマンスを発揮してくれるようになります!

それが…

このように取っ手を回転させ、毛羽立たせることです。

こうすることで静電気が発生し、その力で軽くこするだけで微細なホコリをキャッチしてくれます!

黒檀や紫檀のような色味の深いお仏壇はよりホコリが目立ってしまうので、ぜひこちらの方法をお試しください!

また、取り終わったホコリは屋外ではたき落としてください。
汚れがひどい場合は水洗いもできます!
(詳細はパッケージに記載してあります♪)

「仏壇掃除用 毛拭き」¥890~1,309 (税込)
購入ページへ

2, 意外と知らない?御本尊棒芯専用おすす払い

お次はこちらの「御本尊棒芯専用おすす払い」です。

ホコリや”すす”は低い位置に溜まりやすいですが、ご自宅の御本尊様の棒芯部分はいかがですか??
電気ローソクが主流となった今、”すす”こそ溜まることは少ないかと思いますが、以外とホコリが溜まってしまっているかもしれません(;゚д゚)

ですが、毛拭きやハタキでは本体に触れてしまわないか心配・・・
そんな方のために「御本尊棒芯専用おすす払い」の使い方をご紹介します!

こちらも仏壇用毛拭き同様、静電気の力でホコリを吸着してくれるスグレモノ。

1, まずは先端のハケを4~5回程度手にこすり、静電気を発生させます。

2, 次に御本尊様に吐息がかからないよう、マスクをするかティッシュペーパーやおしきみの葉を口に咥え、白手袋をつけます。

3, そして、棒芯部分を優しく撫でるように拭き取ってください。

※本体・お文字に触れないようご注意ください。

なかなかデリケートな部分であり、気が付きにくい個所ではありますが、こういったところも大掃除では気にかけてみてはいかがでしょうか!

「御本尊の棒芯専用 おすす払い」¥419(税込)
購入ページへ

3, 鏡面塗装仏壇には必須!万能シリコンクロス

何層にも塗装が施され、表面が鏡のように磨き上げられた「鏡面塗装仏壇」。
自分の姿がはっきりと見えるほどの美しさなので、数多くの創価学会仏壇の中でも群を抜いて人気の塗装です。
しかしそんな美しさ故に、ある難点があります。

それが「指紋」です。

特に「黒檀」や「紫檀」などの色の深いものは光に当てるとより目立ってしまいます…(;´Д`)

そこで、この「シリコンクロス」の登場です!

綿100%の繊維でしっかりと指紋を拭き取ることができ、さらに繊維に含まれるシリコンの力で自然なツヤを生み出すことができます。
まさに一石二鳥ですね♪

特に博文栄光堂が取り扱う「徳島仏壇」は鏡面塗装のものが多いので、相性ピッタリなお手入れ用具です!

「シリコンクロス」¥256(税込)
購入ページへ

4, 使い分けが重要!洗浄液・クリーム

最後にご紹介するのは「洗浄液・クリーム剤」です。

※注意※
博文栄光堂で販売している「徳島仏壇」は、これらの製品を使用せずにきれいになる加工がされています。
反対に、使用することでその加工の効果が無くなってしまいますので、博文栄光堂で購入されたお仏壇にどうしても使用したいという方は必ずご相談ください。

【ツヤデール・ポリッシュ液】
お仏壇の汚れが水拭きやカラ拭きでも取れない場合に使用するのがこれらの洗浄液。

ツヤデール・ポリッシュ液

シリコンクロスに染み込ませ、優しく丁寧に拭きあげることで汚れを拭き取ることができます!

表面を研磨することで汚れを浮かし取るというものなので、使い過ぎには要注意です!

【ピカール仏壇クリーム・スプレータイプ】
こちらは鏡面塗装仏壇の「つや出し」に使用する、いわば研磨剤です。

20年以上前に製造されたお仏壇は、塗装技術の未発達も相まって、今になって年々くすみが生じてくることがあります。
※メーカーによって異なります。

そういったお仏壇を一時的に蘇らせるという効果があるので、長年ご愛用されているお仏壇にお使いいただくのがよいでしょう。

使い方は、洗浄液と同様に、布に染み込ませ磨きたい箇所を優しく拭きあげてください。
あくまでも「研磨」であり、塗りなおすというわけではないので、あまり使いすぎないことが大切です。

「お手入れ用具」一覧ページへ

5, まとめ

いかがでしたか??

お掃除の仕方といっても、お仏壇によって全然違うことがありますので、ご心配なことやご不明点がありましたら、何なりと博文栄光堂へお問い合わせください♪

大切な「戒壇」である各ご家庭のお仏壇——。

長く美しく保つことで、より純粋に、より真っすぐに信心も磨かれていくのではないでしょうか。

【編集後記】

私の実家では毎年年末に地区の方が総出で拠点の大掃除をしてくださるので、その光景を浮かべながら記事を書いていました。
近年はコロナ禍で中々集まっての大掃除はできていませんが、記事を通して全国の同志の皆さまと繋がることで、できうる限りのお手伝いをさせていただければなと思います♪

検索

> トピックス一覧へ戻る

商品カテゴリ

PAGE TOP