ようこそ
ゲスト 様

博文栄光堂公式LINE

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

知の巨人「佐藤優」氏、来店レポート

6月某日、最新書籍『プーチンの野望』の発刊を記念し、同書著者である佐藤優(さとう・まさる)さんが、信濃町の博文堂書店・博文栄光堂にご来店くださいました。

元・外務省主任分析官の佐藤さんは言わずと知れた「知の巨人」であり、政治・経済・宗教といった社会の根幹を形成する諸問題について、包括的に論じる作家として広く知られています。

それ故に、その文書は諸事象の本質を鋭敏に解き明かし、講演会などでも舌鋒鋭く悪を斬る… といったイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。


▲『プーチンの野望』帯の鋭い眼光の佐藤さん

実際、私(筆者)も面識がなかったうえに、その紡がれる鋭い文章から常に厳しい眼で世界を洞察されている方、いわゆる“怖そうな方”だと思っていました。

ですが、実際にお会いした佐藤さんは温和かつ紳士的な方で、店舗のスタッフ一人ひとりに丁寧に自己紹介をされ、名刺まで渡してくださいました。


▲博文堂書店内の特設コーナーでの一枚


▲アルバイトさん一人ひとりへ丁寧に名刺を渡される佐藤さん

また、書店で本をご購入頂いた際には、「これで勉強させて頂きます」とスタッフに声をかけられていたことが強く印象に残りました。
学ぶことに対するその謙虚な姿勢を通して“知の巨人たる所以”を垣間見させて頂きました。


▲博文栄光堂でも書籍コーナーをよく見られていました


▲博文栄光堂ではクリアファイルなどをご購入いただきました♪

◎佐藤優さん著書、多数販売中

さて、そんな佐藤優さんですが、これまで数多くの創価学会や公明党の関連書籍を執筆されており、博文栄光堂オンラインショップでも数多く取り扱わせて頂いております。

元主任分析官ならではの鋭い視点で、研究・論及されているこれらの書籍は、幅広い層の方から絶大な支持を得ています。

また、最新刊『プーチンの野望』は、佐藤さんが外交官時代から続けてきた「プーチン・ウォッチング」によって分析されたプーチン論を再編・加筆した内容となっており、プーチン氏が大統領になる以前の出来事から、現在も続いているウクライナ侵攻に至るまでの経緯を分析し、プーチン氏が今何を考えウクライナ侵攻を決行したのか、その内在的論理を細かく論じられています。

終章には、今後、平和を取り戻すための具体的な道筋を池田大作先生の著作を通して結論付けられているため、ただ知識を得るための教養書ではなく、実際に平和に向けて何ができるかを見出すきっかけとなる“智慧の一書”となっています。

佐藤さんの著作の中では比較的コンパクトに収められた本書ですが、だからこそ読みやすく、わかりやすい一冊ですので、興味のある方は是非ご購入ください!

『プーチンの野望』(¥880)

その他にも、『希望の源泉 池田思想』や『21世紀の宗教改革』など、好評連載の単行本化書籍も随時発売しておりますので、是非ご覧になってみてください!

佐藤優さんの著書はコチラから!

その他、ご質問やご意見などありましたら、お問い合わせフォームまたは、公式LINEのチャットまでお願い致します!

検索

> トピックス一覧へ戻る

商品カテゴリ

ページトップへ