FAXでのご注文を希望の方

FAX注文書のダウンロード

ホーム > 書籍 > 教学・御書 > 研鑽のために > 現代語訳 開目抄 下

現代語訳 開目抄 下

価格 1,000 円(税込)

商品コード : SH280614-02

大白蓮華に連載された池田名誉会長監修『現代語訳 開目抄』(2012年11月号~2013年2月号)のうち、御書の「開目抄 下」に該当する部分が下巻として、待望の新刊書に。各段の終わりに語句の注解を付け、読みやすく工夫されている。また巻末に、解説「開目抄」(背景、構成、題号について)が付き、学習しやすい内容になっている。

個数 在庫 有り 在庫の詳細を見る

-目次-
第27段 法華経の深い恩を明かす(後半)
   (御書210ページ1行目~4行目)
   
   宝塔品で弟子へ呼びかけ

第28段 宝塔の出現は本門の前触れ
   (御書210ページ5行目~211ページ4行目)
   
   十方の世界の仏たちの来集は本門の前触れ
   宝塔品ではじめて「分身」を明かす

第29段 地涌の菩薩の出現
   (御書211ページ5行目~212ページ7行目)
   
   地涌の菩薩のすばらしさ
   あらゆる衆生の善知識である四菩薩
   弥勒の疑念は師の尊貴を示唆
   仏の力のおかげで弥勒が質問する

第30段 略開近顕遠を示す
   (御書212ページ8行目~213ページ12行目)
   
   略開近顕遠の経文を挙げる
   弥勒の疑問
   故事を挙げて疑問を例示
   弥勒の質問
   弥勒の質問は釈尊の生涯で第一の疑い

第31段 広開近顕遠を示す
   (御書213ページ13行目~18行目)
   
   あらゆる者が始成正覚に執着
   始成を打ち破った久遠実成の教え

第32段 久遠実成の釈尊の三徳を明かす
   (御書214ページ1行目~18行目)
   
   爾前経・迹門の諸仏は久遠の仏の従者
   迹化・他方の菩薩は久遠の釈尊の弟子
   結縁の衆生から考えて久遠実成を説明
   諸天から考えて久遠実成を明かした意義を示す
   諸仏の弟子や太陽・月・星々の神も釈尊の弟子

第33段 本尊への迷いを責め下種の父を明かす
   (御書215ページ1行目~216ページ17行目)
   
   父である釈尊を忘れた諸宗の非を示す
   諸宗の学者らは「才能ある畜生」
   法華経には父としての厳の義がある
   法華経にのみ種熟脱の法門
   法華経にある成仏の種子とは一念三千
   一念三千を盗んだ華厳・真言宗

第34段 菩薩などの守護がないことへの疑いを結論する
   (御書216ページ18行目~217ページ9行目)
   
   爾前の無恩、法華の深い恩を重ねて強調
   法華経の行者を守護すべき道理を示す
   守護がないことから重ねて疑いを提示

第35段 宝塔品の三つの命令を引く
   (御書217ページ10行目~218ページ9行目)
   
   経と釈という鏡による基準を示す
   第一の命令――滅後弘通を呼び掛けた付嘱有在
   第二の命令――多宝・分身の来集は令法久住のため
   第三の命令――滅後の弘通の困難を説く六難九易

第36段 諸経の浅深・勝劣を判定する
   (御書218ページ10行目~223ページ4行目)
   
   末法流布のために経文の心を明かす
   日本で経文の心を知っている人を示す
   釈尊のすべての教えの勝劣を明かす六難九易
   法の四依を挙げて仏説を根本とすることを説く
   誤った自説に執着する諸宗
   「已今当」という判断に迷った諸宗の師
   似て非なる経文① 密厳経
   似て非なる経文② 大雲経
   似て非なる経文③ 六波羅蜜経
   似て非なる経文④ 解深密経
   似て非なる経文⑤ 般若経
   似て非なる経文⑥ 大日経
   似て非なる経文⑦ 華厳経
   似て非なる経文⑧ 涅槃経
   文上の優劣にすら迷う諸宗の祖師
   第一といっても爾前と法華経には雲泥の差
   天台大師を誤って批判した弘法
   大聖人お一人が六難九易を身読

第37段 二つの勧告を引き悪人・女性の成仏を判定する
   (御書223ページ5行目~14行目)
   
   悪人の成仏を示す提婆達多の成仏
   女性の成仏を示す竜女の成仏
   三世にわたる真の孝行を説く法華経

第38段 三類の強敵を示す
   (御書223ページ15行目~225ページ7行目)
   
   勧持品は法華経の行者を映し出す明鏡
   三類の強敵を説く勧持品の経文
   最も耐え難い僭聖増上慢の迫害
   公共の場で法華経の行者を誹謗
   涅槃経に説かれる末世の悪比丘
   阿羅漢に似た一闡提
   外見は善人だが内面は嫉妬する僧

第39段 三類について注釈する
   (御書225ページ8行目~226ページ10行目)
   
   三類の強敵が出現する時期を明かす
   強敵が出現するという言葉にうそはないことを示す
   中国の諸思想の言説ですらうそがない例を挙げる
   諸菩薩の予言にうそはないという道理を示す

第40段 俗衆増上慢・道門増上慢を明かす
   (御書226ページ11行目~227ページ15行目)
   
   末法の俗衆増上慢の実態を示す
   道門増上慢の本質は無信・無智の僧
   末法こそ法華一乗の教えに適う機根が出現する時
   「悪い時代の僧」とは法然らの念仏者
   経典や注釈を引いて誤った考えを明かす
   法華経の相待妙にも及ばない爾前の円

第41段 第三の僭聖増上慢を明かす
   (御書227ページ16行目~229ページ9行目)
   
   経典・注釈に照らして僭聖増上慢を注釈する
   聖一や良観を僭聖増上慢と指摘する
   『摩訶止観』の法門を挙げ禅宗の主張を破る
   観心も法門の理解も欠ける禅宗
   見破り難い僭聖増上慢の正体
   「仏眼」のみが見破れる僭聖の正体

第42段 諸宗の非を排除する
   (御書229ページ10行目~18行目)
   
   念仏者、禅宗の大うそ
   自宗の教えを見失っている天台密教の高僧
   世間の流人は世法上の理由による

第43段 日蓮大聖人が法華経の行者であることを顕す
   (御書230ページ1行目~7行目)
   
   日蓮大聖人こそ三類の強敵に遭った法華経の行者
   仏と魔の存在は表裏一体であることを説く

第44段 法華経の行者が難に遭う理由を明かす
   (御書230ページ8行目~231ページ18行目)
   
   謗法の者が受ける罰を示す経文
   過去の行者、世間の賢人への迫害の例
   過去世の謗法がある行者へ迫害した場合
   謗法の者が次の生で地獄に生まれる場合
   一国謗法で諸天善神が去った場合

第45段 法華経の行者としての誓願
   (御書232ページ1行目~6行目)
   
   末法のすべての衆生を救おうとの大願

第46段 転重軽受を明かす
   (御書232ページ7行目~233ページ5行目)
   
   過去世の行為を明らかにする仏法の鏡
   大聖人の身に符合する般泥経の経文
   『摩訶止観』を挙げて正法を守る功徳の力を説明
   法華経の行者への迫害が重罪に
   謗法を責めることで大難を起こし罪を消す

第47段 求めずとも得られる大利益
   (御書233ページ6行目~234ページ11行目)
   
   涅槃経に説かれる「貧女の譬え」
   「貧女の譬え」を御自身と対照
   梵天に生まれる引業を明かす
   法華経の一念三千が解脱に至る因
   成仏を目指す信心の根本姿勢を御教示

第48段 時に適った弘教を明かす
   (御書234㌻12行目~235ページ13行目)
   
   諸宗への破折に対する世間の批判を挙げる
   仏法の実践に摂受と折伏があることを示す
   折伏と摂受の相反する教え
   経典・注釈を引いて非難に答える
   邪智・謗法の国は折伏が第一
   末法の時に適った実践は折伏

第49段 折伏を実践する利益
   (御書235ページ14行目~236ページ15行目)
   
   時に応じた摂受・折伏の実践に利益
   時機を弁えない天台密教を破折
   仏法を破壊する者を呵責するのが真の仏弟子

第50段 末法の主師親
   (御書236ページ16行目~237ページ12行目)
   
   末法での弘通にこそ令法久住の真意
   詐って親しくするのは仏法の中の敵
   日蓮大聖人こそ末法のあらゆる衆生の〝主師親〟
   法華経ゆえの難こそ仏法者の誉れ
   不惜身命の精神を御教示

解説「開目抄」
背 景
構 成
題号について

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
  • 栄光TV 動画で商品検索
  • 博文栄光堂ショールーム 紹介ムービーはこちら
  • 博文栄光堂 店舗紹介

記念日カレンダー

このページのトップへ