FAXでのご注文を希望の方

FAX注文書のダウンロード

ホーム > 書籍 > 青年部におすすめ > 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯
小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯

小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯

価格 734 円(税込)

商品コード : SH270920

発行年月 2015年9月

平成27年度後期 NHK連続テレビ小説「あさが来た」ドラマ原案本

常に全力、七転八起を超える九転十起のがんばりで、大坂の豪商加島屋を切り盛りし、命の重さに思いを馳せ大同生命を興す。
女性教育にも心血を注ぎ、日本女子大学の創立にも関わった、さっそうたる女性の一代記。

豪商三井家から17歳で大坂の両替商・加島屋に嫁いだ浅子は、家運が傾くと持ち前の商才を発揮、「九転十起」の精神で難局を切り開き、大坂随一の実業家として大成する。晩年は女子教育にも力を注ぎ、日本初の女子大学開設に奔走。歴史に埋もれてきた不世出の女性実業家の生涯を、初めて世に紹介した名作が、待望の文庫化。

巻末の解説は宮本輝氏の書き下ろし。

著者紹介:古川智映子(ふるかわ・ちえこ)
県立弘前中央高校、東京女子大学文学部卒業。国立国語研究所で『国語年鑑』の編集に従事、その後は高校教諭を経て、執筆活動に入る。著書に『赤き心を』『風花の城』『一輪咲いても花は花』「氷雪の碑』『飛鳥Ⅱより愛を込めて』『性転換』『炎の河』など。日本文芸家協会会員。ヴィクトル・ユゴー文化賞受賞。潮出版文化賞受賞。

個数 在庫 有り 在庫の詳細を見る

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む
  • 栄光TV 動画で商品検索
  • 博文栄光堂ショールーム 紹介ムービーはこちら
  • 博文栄光堂 店舗紹介

記念日カレンダー

このページのトップへ